Android


「画面オーバーレイを検出」と出たときの対処法



Androidのアプリを起動した際に「画面オーバーレイを検出 この権限設定を変更するには、まず[設定]>[アプリ]から画面オーバーレイをOFFにします」と出て、起動できないことがある。
以下、説明と解決方法。


「この権限設定を変更するには、まず[設定]>[アプリ]から画面オーバーレイをOFFにします」
非常に分かりにくい文章なのだが、これは

「起動したアプリの画面オーバーレイがONになっているから、それをOFFにしてね」

という意味ではなく、

「別のアプリが画面オーバーレイをしようとしているけど、起動したアプリは画面オーバーレイを許可していないから、まずその別のアプリをOFFにしてね」

という意味だ。

「別のアプリ」というのが何なのかは警告画面で教えてくれないので、地道に一つずつ調べるしかない。
例えばラジオアプリ「radiko.jp」は画面オーバーレイを許可していないので、画面オーバーレイを使用するアプリ(ブルーライトフィルタなど)が常駐しているとこの警告が出て先に進めなくなる。
原因はradiko.jp以外のアプリにあるので、[設定]>[アプリ]を開いて、怪しいと思うアプリのオーバーレイをOFFにして起動を試し、また別のアプリをOFFにして起動を試し・・という作業が必要になる。
大抵の場合、ブルーライトフィルタなどの画面フィルタアプリが邪魔をしていることが多いので、まずはそういったアプリの設定をOFFにしてみるのが良い。(こういうアプリは画面オーバーレイ機能を使ってブルーライトをカットしているため、当然だがブルーライトはカットされなくなる)
ただOFFにしただけでは解決しないこともあるので、画面フィルタアプリを終了させたり、いっそのことアンインストールしてしまう、というのが一番確実な解決方法かもしれない。




[ 戻る ]